春の風そしてデイナー



カルフォルニアはもうすっかり春。新しいお野菜や果物がたくさん顔を出して、お料理がますます楽しくなる季節。

春にだけ登場する白アスパラガス。ヨーロッパではどこの小さなレストランでも「白アスパラあります!」と小さな看板がでて、春の訪れを知らせてくれます。
アメリカ人はほとんどこの白アスパラガスを食べません。買い物かごに入れていると、キャッシャーのお姉ちゃんが「これなあに?」と不思議そうに聞いてきます。

春を楽しめるメニューを。

*ブランジーノのイタリアンパセリソース
*白アスパラガスのキノコソース
*アルーゴラのサラダ


メインコースの材料
*ブランジーノ(鱒等なんでも新鮮な白身魚)
*イタリアンパセリ 1/2カップ
*チャイブ     大さじ1
*オリーブオイル  1/4カップ
*塩、胡椒

メインコースの作り方
1:お魚はきれいに洗って、水気をとり、塩こしょうで味付けをします。
2:オリーブオイルを少々塗り込み、オーブンで高温(250から275度)で15分ほど焼きます。魚の大きさによって違いますので調整してくださいね。
3:イタリアンパセリとチャイブ、オリーブオイル、塩こしょうをフードプロセッサーにいれてクリーム状になるまで混ぜます。
4:お魚が焼きあがったら開いてお皿に盛りつけします!


これはオーブンに入る前。


これは後。表面が少しこげてくる頃がちょうど焼けごろです。


白アスパラガスの材料
*白アスパラガス
*キノコ(ここではポーチニ:Porciniを使っていますが、椎茸やえのきモレル:Morelなどなんでも適用できます)
*バター
*塩、こしょう


白アスパラガスの作り方

1:白アスパラは緑の物より固いので、茎の処理を少し多めに
2:10分ほど大きなお鍋でゆで、流水で冷やします。
3:ソースはキノコ(ここではポーチニ:Porciniを使っていますが、椎茸やえのきモレル:Morelなどでも美味しいです)をバターで炒めます。弱火でゆっくりいためてください。
4:ソースに塩、こしょうで味付けをして、アスパラガスの上にかけてください。


冷えたピノグリージオと一緒に春の到来をお祝いしましょう!

人気ブログに参加しています。ボタン押していただけると幸いです。




スポンサーサイト