Estate sales

パンクして乗っていない私の古い自転車をガレージで見ながら、

「これも売るの?」もう2、3年の付き合いになるハンデイマンの彼。

「9割以上は処分するから、もちろんよ。」

「いくら?」

正直でよく働く彼、勉強が嫌いだったから良い仕事に就けないけれど、頑張ってビジネスを少しずつ上げていきたいといつも言っている。

「タダで持っていいよ。それから小さなお子さんがいるでしょ、他に欲しいものがあったら持って行ってね。」

気まずそうに子ども用の自転車と椅子を持って帰った。

3ヶ月かけて家のすべてを整理した私。

Estate Sales業者さんは繊細で優しい方だけれど、洗練されていないのだろう、市場価値が少しずれている。

さあ、セールスの前日、業者さんが顧客を我が家に連れてきた。

ブリーチされたブロンド、年齢は私と同じぐらいだろう。着飾った宝飾品もいやらしい。

あれもこれも欲しいと言った彼女、市場の10分の一の値段を恥じもなく提示するから、その厚化粧は恥顔を隠しているのだろうか。

「私の別荘にね、欲しいのよ。特にこのソファー、$1500でどう?だって中古だし、、、海外に引っ越しでしょう。?私のお金受け取った方がいいわよ。」

不動産屋に罵られ、車のバイヤーに罵られ、この3ヶ月間、私の選択してきたものを全て罵られ、疲労を越した私の脳細胞はもう動かず。

「あなたに売るんだったら裏庭で焼き放ちます(I rather burn it in my backyard than selling to you.)」

口がすべりました。

IMG_3944_convert_20170723135041.jpg
引越し荷物に、保管荷物、そして売りに出す物、処分する物。とにかくものがあります。

IMG_4015_convert_20170723135008.jpg
私のオフィスもこの様子。
IMG_4026_convert_20170723134919.jpg
そしてリビングも。
IMG_3689_convert_20170723135024.jpg
友人と別れなければいけない息子。毎週友人がお泊りに来ます。もうお皿もないから、ペーパープレートでBBQを使ってハンバーガーを作るのが日課。私は飽きました、、、。


優しいEstate Salesの業者さんが半泣きで、「落ち着いて落ち着いて!彼女が侮辱しているのは明らかだから、、、」と私を止めてくれました。けれど、次の日もう少し出すからあれ欲しいと電話してきた彼女。人間の質はここに出ます。





スポンサーサイト