スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走りたい。

ずっと走ってきたから、そしてずっと走りたいから。

家庭を持って、常時つまずいている漠然としたこの思い。

マイナスをゼロにする仕事、家を片付け、洗濯をし、食事に家計、子どもの宿題に習い事、、、、、終わりがないこの葛藤。

だから食事のお皿を変えてみたり、お花を飾ってみたり、一瞬の満足感を得られなければ、次に進めない。

でもその一瞬も次の諸行ですぐ掻き消されていく。

子どもを育てるとは、家庭を保つとは、こういうことなんだと自分に言い聞かせても、必ずまた湧き出るこの割り切れなさ。

何かを諦めているから、犠牲にしているからと思っているからだろう。

自分の仕事を削りながら保っている家庭の生活。

100%走れる夫を裏ましいと思う私は器が小さいのだろうか。

桜が綺麗な春に、自分用の夕食。息子は隣で焼きそばを食べていますが(笑)。

IMG_2793_convert_20170424025037.jpg
慰めですね。美しい花も。
IMG_2821_convert_20170424025019.jpg
この家で最後になる夕食会。知的な女性たち、皆様さすがです。

そう、自分のために全力疾走したい。世の中の家庭を持つ皆様、この思い、どうされているのでしょう。




スポンサーサイト