the first step for the new endeavor

半世紀を生きていると驚くほど物がある。

特に夫。

東京はここの4/1の広さのマンション、物を処分する良い機会。

結婚する時に私の6倍の荷物を持ってきて引越し業者に驚かれた夫。

箱を開けるたびに

「これね、8歳の時に作ったレポートなんだよ、、」と感慨深い彼。

「でもね、54歳ですから一つずつ想いを入れていたらあなた、一生引越しはできないでしょう。」

我が家は私が男性で夫が女性といわれる所以です。


夫が敬愛する方から頂いた大切な大切なワイン、夫を見送り出す前日にステーキと一緒にいただきました。日本人の方が作り出すワイン、さすが、繊細。
IMG_2718_convert_20170405114803.jpg
この木蓮の大木を見るのも今年で最後になりました。
IMG_2685_convert_20170405114748.jpg
桜が満開のポートランド。

夫は4月から東京ではじめの一歩、私どもは6月下旬に立ちます。

胸の熱くなるたくさんのコメントありがとうございました。見えないところでこんなに沢山の方に支えてくださっているんだなと、毎回胸を押さえてコメントを読ませていただきました。走り回りながら、愚痴もこぼします、倒れ寝もします、怒鳴り声もあげます。。。人間として決して褒めれるものではありません。こんな私に、こんな暖かいお言葉、本当に本当にありがとうございます。これからもどうぞお付き合いください。


スポンサーサイト