人生の皮肉

八方塞りだった日本。

25年前、降り立った空港で聞かれた簡単な英語がわからなかった私。

伝も資金もないけれど希望とやる気だけで踏んだアメリカの土地。

日本での学歴も経験も、すべてがゼロ。

自身の実力で判断されるアメリカ。


一からの振り出し。

やっと辿り着けた仕事。でも電話で聞き取れないビジネス英語が悔しくて、、、、涙することも。

涙することさえ悔しい私。

日本へ帰れば肩書きと経歴でやっていけるかもと荷物をまとめたのが2回。

でも帰れなかった。自分で決めたことだから。

理解不能な他の文化での長い手探りだったけれど、やっと足がついた事業。

そう、アメリカで自分が自分として生きていけると、見つけた場所。

アメリカ人の夫に出会い、アメリカ市民、日本人として生きていくことに心地よさをやっとの思いで見つけた私。

まさかそのアメリカ人夫が日本で大きな仕事に迎えていただき、私が日本に帰るとは思いもしませんでした。

人生の皮肉とはこのことです。


私がほとんどお料理ができないのに、息子は日曜日にはメニューを作り、お昼を作ってくれます。こちらは注文した”オシャレなフルーツと野菜の盛り合わせ”。デザートも最近は毎週焼いてくれます。

IMG_3256_convert_20170316134625.jpg
大人の女性とはこの方を言うのだな思うサプリメント管理士さん。毎年素敵な贈り物を送ってくださいます。思いが嬉しくて、嬉しくて、胸を押さえた次第です。美味しくて、待てなくって、、、口に入ってしまったもの、、、が写真になくてごめんなさい。お礼が遅れてしまって、、、失礼しました。本当に本当にありがとうございます。猫ちゃんの手ぬぐい、重宝しております。
IMG_3682_convert_20170316134551.jpg
家の売却、日本での住居、息子の学校、そして私の仕事の締め。少しブログの更新はできそうにありませんが、どうぞ宜しくお願いします。逆駐在で日本へ3年間。東京のど真ん中で、何を吸収しましょうか。


人間油断してはいけませんね。まさかアメリカ人夫が私を自国へ引き返すとは思ってもおりませんでした。
スポンサーサイト