スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chuck E Cheese

目論みにすっぽりとはまってしまうようなレジャー場所が苦手な私。

メジャーなレジャーランドは子どもができるまでは、できれば避けたい場所のトップランキング。

2年前に友人の誕生日会で一度しか行った事のない息子が懇願するChuck E Cheese

所狭しと置かれた現行色を放つゲーム機の数々は、電子音と子ども達の叫声で、脳みそがそのまま凍ってしまう。

買い求めたコインをカップに入れ、狂乱し走り回る子ども達を、隙もなく計算されて囲むようにテーブルがセットされ、大人達はピッザと頬張りながら携帯電話に顔を埋る。

ゲーム機からは、チケットが吹き出され、それが景品交換の報酬へと変わる。

何もかもが子ども達の感覚を刺激するよう構築されているのだから、子供版ギャンブル。中毒性効果確実。

親にとっては恰好の手抜き子守りだが、高額で無毛。

そして30分だけと約束して行ったChuck E Cheese。

やっぱり会社の企みに踊らされたようで後味が悪い。


息子の懇願手紙。日本語でも巧みに主張するようになりました(笑)。

IMG_2747_convert_20141005035226.jpg
2週間ほど夫が出張に出ているのを気にかけて友人が夕食に招待してくれました。ご主人が美味しいBBQを。

DSC_5899_convert_20141005035410.jpg
そして帰りに、お手製のアップルソースと、おばあさんの特性ピクルスをお土産に頂いて。

あまりに美味しいピクルスで、今度我が家で、一日かけて教えてくださいとお願いしてしまいました。


息子は今、Chuck E Cheeseに行けるならば、宿題からお掃除、、、、何もか不平を言わずこなしております。
スポンサーサイト