スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝4時半

パッチリ目が開いた夜中の3時。やはり年齢を重ねると時差には勝てない。

日本には24時間営業と言う、とてつもなく便利な物が存在する。暗闇の中、知人から頂いた著書を読み終えたくて、うずうずしている私は、本を抱えてホテルから夫と息子をおいてコンビニへ。

そのコンビニには、発祥地のスターバックスより美味しいスターバックスコーヒーが常備されているから、思考力がない私の頭脳には混乱が押し寄せる。

コーヒを抱えて、誰もいないホテルのロビーで一人、本と一緒にソファーに座り込む瞬間は、至福としか言いようがない。

知人の著書は現在の私にぴったりあうからそのまま本の世界に入ってしまった私。

そして4時半、ピッピとなった私の携帯。

夫から「どこにいるの?息子は4時から起きていて、元気いっぱいだから、部屋に帰ってきて来ください。」

ええ??至福は幻想だったのかも。

IMG_0437_convert_20140601153317.jpg
本屋さんを回るのが我が家の日本旅行の楽しみ。その後、東京タワーへ。物珍しくて仕方ない息子。そして科学者の夫は面白くて仕方ないけれど、高所恐怖症の私はめまいが。

IMG_0461_convert_20140601153111.jpg
その後、東京タワーお膝元のとうふ懐石うかいへ。
IMG_0458_convert_20140601153043.jpg
美しい庭園に、ぬかりないおもてなし、そして繊細なお食事ですから、わが家族はぞっこんです。
IMG_0487_convert_20140601153135.jpg
息子も子ども弁当をすべて食べたあと、私と夫のお刺身、お豆腐をほしがったのですから、大変なお気に入り。

IMG_0489_convert_20140601155758.jpg
どの品も外さないのが流石のプロ。お料理のプレゼンテーションに感嘆する私。夫は料理、そして庭園に絶賛。
次回もまたお邪魔することになりそうです。



スポンサーサイト