スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

passive agressive

広いアメリカ、それぞれの文化や価値観も随分違ってくる。

単刀直入だけど喧噪なニューヨーク。親しみやすいけど、表面的なカルフォルニア。礼儀正しいけど保守的なテキサス。

此処ポートランドの人々は好意的で優しい。住みやすいけれど、やっぱりツリルと簡単にむける表面。だったら最初からはっきりしている方が解りやすい。

これが北西部のpassive - agressive (否定的な感情や意見を直接的に表現せず、消極的な態度で不満を表す)と揶揄される所以。

私には叩き割って入っていけない文化なのかもしれない。


湖のブラックベリーがそろそろ熟れる頃。週末は子ども達とブラックベリーを摘みに。
IMG_3116_convert_20130813040408.jpg

7マイル(約11キロ)の湖の周りをこのブラックベリーが覆っているのですから、摘んでも摘んでも、、、、摘みきれません。
DSC_3721_convert_20130813042225.jpg
3個のバケツが一杯に。
IMG_3170_convert_20130813035850.jpg
ベリー摘みが終わった子ども達は父親達と湖へ。母親達は夕食の準備ともちろんシャンペン。友人がデザート担当、私は夕食。
DSC_3722_convert_20130813035459.jpg
旬のトマトは甘くて前菜のブルシェッタ。
DSC_3727_convert_20130813035210.jpg
桃の季節を逃がすまえに、ブルッタチーズのサラダ。
DSC_3732_convert_20130813035632.jpg
メインはBBQ。

DSC_3724_convert_20130813040120.jpg
そして友人が作ってくれたブラックベリークランブル、最高に甘いブラックベリーに完璧なバランスのクランブル。
自分たちで取ったブラックベリーがおいしいデザートに姿変えした様子を、子ども達はまるで虜になったように魅惑されていました。

でも疎外感を感じるこの新地で出会ったこの友人。私にはいなかった、まるで自分の姉妹のよう。幸せです。
スポンサーサイト