夕食会

チャリティー精神の高いアメリカ人は、何かあることに献金のためのイベントを計画する。

知人の癌治療費捻出のために、友人達がそろって開いたオークションパーテイー。

自宅でプロの方がフルコースを作ってくださる夕食会を落札、友人3家族を招いての待ちに待った夕食会。

息子の友人が笑顔を浮かべて、

「今日はプロのコックさんが夕食を作ってくれるんだって!」の言葉に、

息子が誇らしげに一言

「僕のお母さんはプロのコックさんだよ!」


メニューは私の手作りで。
DSC_2929_convert_20130519073129.jpg
子ども達へは3種類ものピザを焼いてくださる心配り。
DSC_2949_convert_20130519075127.jpg
シェフのロンさんは二人のスタッフを連れて、手際よくお料理を開始。
DSC_2955_convert_20130519073658.jpg
ファーストコースはサーモンをポーチし、汁に豆腐を流し込んだ一品、そして手作りのピクルスも。
DSC_2979_convert_20130519073956.jpg
お手製のクルトンにブルーチーズ、クルミ、洋梨をあわせたサラダ。
DSC_2986_convert_20130519074026.jpg
メインはステーキ。南部出身の方だなと感じる、お野菜や果物の使い方に、心優しいお人柄がでていました。
DSC_2993_convert_20130519074056.jpg
デザートはフルーツタルト。
DSC_2990_convert_20130519074122.jpg
一つ一つの品を材料からそしてお料理行程まで説明してくださるロンさん。誇りを持ってお料理をしている姿は素敵です。

息子は自分なりに母親を誇りに思ってくれているのですね。プロにはなれませんが、またお料理を作る元気をもらいました。


私のつたないブログにお見えになってきてくださる皆様、本当にありがとうございます。ご気軽にコメントください。
人気ブログに参加しています。下記のボタンを押していただけると幸いです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
スポンサーサイト