45歳。

平穏ではない道を歩いてきた。

だからこそ、憂いがわかる人は、人に優しくできると確信していた。

そして、今回、人の憂いがわかるからこそ、人に優しくできる強い人間と、

わかるからこそ、そこにつけこむ人間の、別種がいる事を、否応無く思い知らされた。

この歳で、雑魚に裏切られたこの私。是を屈辱と呼ばずになんと呼ぶのだろう。


散歩に出た湖には懐かしいワラビが。

IMG_3713_convert_20120417071053.jpg
茶碗蒸しに添えて。

IMG_3710_convert_20120417071142_20120417071405.jpg
茄子の田舎煮。
IMG_3717_convert_20120417071210.jpg

そして、あのお皿、酒粕が手に入ったので、西京焼に水菜の白和えを添えて。
sakefestで飲めなかった夫は、我が家で本日ゆっくり日本酒と日本食を堪能するそうです。


この屈辱、かならず怒りに、そして強さにしていきます。


私のつたないブログに訪問してくださる皆様、本当に、本当にありがとうございます。
ご気軽にコメントしてください。

人気ブログに参加しています。下記のボタンを押していただけると幸いです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
スポンサーサイト