お見通し

 必ず前日に電話を掛けてくる。

「すごく評判がいいのよ。最低落札価格、10%下げない?」

皆様ご存知の超大手オークション会社。一年かけて交渉してきた稀少品。

博識な彼らの知識は応用力が無い机上の知識。市場価値に疎く、一点物になるとお話にならない。常時、私たちのようなディラーにごまをすりながら蘊蓄話に接待。でも基本は売る事で歩合を得る彼らは、とにかく売れないよりは安くても売りたいのである。

この彼女も同じ。前日なら私が気を損ねても、今更セールスのキャンセルも手遅れ。それを承知で恥も無く連絡してくるのだ。

「いいえ、一年間交渉した値段でしょ。売れなければ売れなくていいから。」

 そして当日、当の品は最低価格の倍値で落札される。

「来年のオークションに何か出したいものない?」流石、隙も逃さず電話をしてきた。

 かく言う私も利益を受ける、ゲーム仲間のひとりです。


寒くなるとリクエストが頻繁に出るチキンのガーリックワイン蒸し、スイートポテトとインゲンのエシャロット和えを添えて。

IMG_1507_convert_20111020022701.jpg
ハロウイーンの猫、カラフルな冒険心のある色を使う息子の猫の方がずっと格好いい。

IMG_1509_convert_20111020022728.jpg
恐れが無い、子どもの想像力には毎回驚きます。

IMG_1550_convert_20111020022438.jpg


人気ブログに参加しています。下記のボタンを押していただけると幸いです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村
スポンサーサイト