スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お料理禁止令も悪くない?

お料理禁止令(第一印象が大切、料理の匂いは大敵!とのこと)が出てから半月。でもやっぱり食べていかなければならないし、、、、、外食ばかりでは。

なんて思っている間もなく、あれよあれよと夕食のスケジュールが詰まっていく。そう皆さん「お別れ会」をしてくださる。
嬉しいやら悲しいやら、、、、、素敵な人たちばかりだから別れが余計辛い。

情熱的なトルコ人の彼は、一年に2度ほど我が家でフルコースの夕食を作ってくれる本格派料理人。今回は共通の友人宅で。

金曜日の仕事帰りだから、シンプルなロシア料理にするね!なんて言っていた彼。シンプルなんてとんでもない。

チキンのダンプリング、ヨーグルトソース掛け。彼の料理には必ず大量のガーリックが入っている。このヨーグルトにも、、、、美味!

DSCF9872_convert_20110223100219.jpg
20房のガーリックを刻む、彼。
DSCF9899_convert_20110223100357.jpg
サーモンに、やっぱりガーリックたっぷりのトマトソース和え。
DSCF9902_convert_20110223100424.jpg
DSCF9876_convert_20110223100250.jpg
彼は食材も全てこだわる本格派。でも興奮すると大声でよくわからない英語になる(私も人の事言えませんが、、、、)。そして頻繁に興奮状態に陥る。その上あの東大を出ているので酔っぱらうとへんな日本語も登場する。熱くて、まっすぐで、優しい彼。
 
彼のお料理は豪快で美味しい。ありがとう。


「金曜日は美味しかったね」言っている間に土曜日、お隣さん宅におよばれ。中西部出身のご家族はとっても思慮深くて、礼儀正しい。
息子の面倒を見てくれたり、家の修理を手伝ってくれたり、、、本当に頼りになるお隣さん家族。やっぱりお別れは寂しい。

DSCF9917_convert_20110223100516.jpg
とってもアメリカンな素敵なテーブルセッテイング。
DSCF9919_convert_20110223100544.jpg
そして、中西部の美しいお料理がならび、故義母の味がすると嬉しそうにしている夫。それを聞いていたお隣さん、次の日にレシピを手書きで持ってきてくれる。思いやりがあって、やさしい。

DSCF9920_convert_20110223103002.jpg
最後には手作りベルベットケーキ。

実は我が家、いつもよりおいしいお料理を毎日食べております(笑)!!!


家探しは難航中、4月からホテル住まいになりそうです。


人気ブログに参加しています。下記のボタンを押していただけると幸いです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村










スポンサーサイト