家探し

午前3時、暗闇で目覚まし時計が鳴る。シャワーを浴び、家を飛び出して飛行機に。

5時半の飛行機に乗ると8時にポートランドに到着。不動産エージェンントさんが大きな書類と一緒に空港で待っていてくれる。
「今日は10件の家を見る予定よ~」と優しいエイジェントさん。

朝ご飯を取りながら出発。

家は不思議な物で、住んでいる人のオーラを感じる。アクデニズさんがおっしゃっていた、家は生きている、本当に身体で感じます。


女王バチ家:豪邸だけど、入らなければ良かったと思うほど、何か「負」を感じる家。

DSCF9840_convert_20110214101531.jpg
DSCF9839_convert_20110214101605.jpg
80年代家:大きな湖に立っている美しい家。でもとっても悲しい。

DSCF9854_convert_20110214101641.jpg
ブッシュ家:やさしい雰囲気が漂っている。

DSCF9867_convert_20110214101737.jpg
ロシア家:刹那感を感じる不思議な家。

DSCF9857_convert_20110214101810.jpg
DSCF9861_convert_20110214101849.jpg

ベラジオ家:ラスベガスのベラジオホテルのように天井が高く、圧倒される。家を大切にしている気持ちが感じられる。
DSCF9842_convert_20110214101925.jpg
フランクロイド家:美的センスが私とピッタリ。でも大きすぎる家(平方1000m!!)、そしてやっぱり「負」を感んじる。

家のあだ名は私が勝手に。家探し難航しそうです。

夕方5時、一日中つきあってくれたエージェントさんが、空港におろしてくれる。日帰りで家探しをできるのは彼女のおかげです。

ブログ更新もままならず、皆様のブログ訪問もできず、本当にごめんなさい。少しの間、見守ってください。

人気ブログに参加しています。下記のボタンを押していただけると幸いです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村




スポンサーサイト