2010年06月

SANITY

DSCF6207_convert_20100629083312.jpg


”Sanity”
日本語の訳では『正気』と訳されることが多い。
「正気」や「本気」ではニュアンスが違うな~といつも感じている私。

" I am just keeping my sanity " や " Sake of my sanity " と会話に出てくると、どちらかというと「平常心」と訳した方が近い。「ぎりぎりで平常心を保っているのよ」、「あっぷあっぷよ!」「平常心を持たないと!」が適当な表現だと思う。

なんでこんな話というと、、、、毎日シャワーを浴びていても、車を運転していても、”SANITY"の一言が頭から離れない。”SANITY" にすがりつこうとしているからだろう。
そんな時は基本に戻ろう。美味しい物を食べて、家族と一緒に過ごそう。なんだか短絡的。


DSCF6208_convert_20100629083201.jpg


美味しいお肉を買って、タラゴンソースを添えてみました。
夫の大好物, カラメルオニオン、ブルーチーズサラダとポテトとフレンチビーンズのグリル焼きと一緒に夕食。

DSCF6197_convert_20100630050544.jpg

DSCF6185_convert_20100630050623.jpg

お肉のレシピはこちらから。Cpicon リブステーキのタラゴンソース by Yabu

サラダのレシピは次回に。

DSCF6209_convert_20100629083349.jpg

大ファンのPaul Hobbsさんが作っているCrossbarnのピノ。Paul Hobbsさんのワイナリーは生産量がとっても少ない。年間に2週間しかメンバーにワインを売り出さない。しかも人気のワインは最初から24本くらいしか売り出されないばかりか、即完売。だから大事に大事に飲んでいるワイン、、、、こんな繊細な深いワインを作れる彼はやっぱりワインの天才だと思う。


人気ブログに参加しています。下記のボタンを押していただけると幸いです。励みになります!


にほんブログ村 料理ブログへ



スポンサーサイト