ケーキ

冬支度

雨期が始まると来年の春まで太陽が顔を出さないポートランド。

最後の週末、冬支度を。

季節の変化がこんなに美しかったのかと皮膚で感じる、2度目の冬がやってきます。



雨が降る前に、息子と一緒にPumpukin Patchへ。
IMG_1078_convert_20121017032523.jpg
息子は随分力持ちになりました。
IMG_1095_convert_20121016022754.jpg
「お父さんの分も忘れないでね。」と大きなパンプキンを三つ。今年はどんな顔のパンプキンになるのでしょう。

IMG_6617_convert_20121016022550.jpg
秋の恒例になった無花果のチャツネー、塩の華さんのレシピ毎回お借りしています。

IMG_4236_convert_20121016022950.jpg
贈り物にもとっても喜ばれます。

IMG_0683_convert_20121016023220.jpg
この近郊には、このように野生のリンゴの木を見かける事がしばしば。
IMG_0684_convert_20121016023441.jpg
実は小さいけれど、甘くてとても美味しい。是こそ本当のオーガニック。
IMG_4244_convert_20121016022836.jpg
沢山のリンゴを抱えて帰ってきた私。アップルケーキを焼いてみました。


<材料>
小麦粉       3/4カップ
ベーキングパウダー 小さじ3/4
リンゴ(スライス状)8個
卵         2個
砂糖        1/2カップ
ラム        大さじ3
バニラ       小さじ1/2
バター       大さじ8 (電子レンジで溶かし、冷ましておきます。)
塩         適量

<作り方>
1:オーブンを175度にセットしておきます。
2:小麦粉、ベーキングパウダー、塩を軽く混ぜておきます。
3:FPで卵に泡が立つまで混ぜ、砂糖を加えます。砂糖がまざったら、ラムとバニラをたしバターを加え奇麗に混ざるまで混ぜ合わせます。
4:3にリンゴを加えスペチュラで優しく混ぜたあと、ケーキ型にいれ、オーブンで50分から60分焼き出来上がり。



暖炉の火が身体に嬉しい季節になりました。

私のつたないブログにお見えになってきてくださる皆様、本当にありがとうございます。皆さんのコメント、心の支えです。これからもよろしくお願いいたします。

人気ブログに参加しています。下記のボタンを押していただけると幸いです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
スポンサーサイト

ずるい?

「お母さんの誕生日ケーキは?ボクだって誕生日にケーキを皆で分けたでしょう。なんでケーキがないの?だからお母さんの誕生日のケーキも分けてよ。ずるいよ~。」

息子よ、我が家の誕生日ケーキは私が用意するもの。でもさすがに自分の誕生日ケーキを自分では用意しないのよ。



多忙でほとんど家にいない夫が、何やら特別な事を計画。

IMG_1688_convert_20111107041026.jpg

新地でまだ新しいレストラン開拓もできない夫は、それなりに考えたらしい。

IMG_1694_convert_20111107042038.jpg

そして私が以前趣味にしていたクラッシックコンサート。子どもが産まれてからはすっかりご無沙汰。オレゴンシンフォニーのチケットを秘密で購入もしていたらしく、、、、。

IMG_1706_convert_20111107041130.jpg

ストラウス オプス30番
そしてあの有名なモーツアルトの交響曲41番

久しぶりに心の底から気持ちが洗われた夜でした。

IMG_1714_convert_20111107041312.jpg

こんな素敵なプレゼントを頂いたのだから、ケーキはやっぱり自分で焼きましょう。いつもお世話になっているMachappkunさんのリンゴのケーキレシピをお借りしました。お菓子作りが苦手な私にも簡単にでき、家族に大好評。ありがとうございます。


私のつたないブログに訪問してくださる皆様、本当に、本当にありがとうございます。
ご気軽にコメントしてください。

人気ブログに参加しています。下記のボタンを押していただけると幸いです。


火事?

DSCF6254_convert_20100707034634.jpg

 July 4th (7月4)アメリカ独立記念日。1776年、アメリカの13植民地がイギリスから独立宣言した日をアメリカが独立した日としてお祝いをします。息子の描いたアメリカ国旗。
思いっきりアメリカンのお祭り!バーベキューが基本。家族、友人で集まって日が暮れるのを待ち、花火を見ながら大騒ぎ。
 今年は友人宅にお呼ばれ、すっかり飲み過ぎた私は息子と、義妹を巻き込んでお泊まり。次の朝は二日酔いで起き上がれない私、、、、

夕方にやっと帰宅路に。フィリーウェイをおりるとなんか山の上の方に煙が!
           「え!あれって家のほうでない?」
         近づけば近づくほど、我が家に近い。鼓動が高くなってくる。
煙の方向に近づいていくと、道路はパトカーで遮断されている。でもどう見ても道路の山向こうに火が走っている様子、、、、、え~~~~~!山向こうは私の家!!!!
手に汗握り、家にまでたどり着くとなんと裏庭の山が燃えているでないの!!!!心臓が高鳴っている。

fire3_convert_20100707031935.jpg
        煙の匂いで充満した家に入ると、徹夜で仕事していた夫は眠りこけている。
     「お父さん、火事!!火事!!」(Honey, Wake up! Fire!! Fire !! と英語でしたけど)
と言ったとたん私は外に出てホースを握って水を家にまく騒ぎ(これをするなと強ーく言われていたのですが)

fire2_convert_20100707031909.jpg

我が家の屋根の上をくるくる回って放水しているヘリコプター。

fire_convert_20100707031819.jpg

30分ほどで鎮火。20人ほどの消防士さんが焼け後を奇麗に調べている。『ありがとう~』と思いっきり手を振ってしまいました。
     あ~よかった。二日酔いも吹っ飛んでアドレナリンが走り回った午後でした。

DSCF6247_convert_20100707034353.jpg

お呼ばれに持っていったファーマーズマーケットケーキ。普段ケーキなんか焼かないのに、珍しいことしたから火事になったのかしらん?

レシピはこちら。Cpicon ファーマーズマーケットケーキ by Yabu
DSCF6258_convert_20100707034709.jpg


人気ブログに参加しています。下記のボタンを押していただけると幸いです。励みになります!


にほんブログ村 料理ブログへ


お騒がせのタラゴン!DSCF6172_convert_20100629083456.jpg





レモンパウンドケーキ

レモンパウンドケーキ


お菓子を焼くのが苦手な私。目分量、ようするに大雑把に料理をするので、食材を計量するなんて想像もせず、、、でもお菓子やパンはそうはいかない。温度、湿度、計量を正確に計量したうえでの化学反応結果がおいしいお菓子なのよね。

お菓子は焼かないと言い張っていた私は、やはりアメリカのスイーツには勝てません。甘くて、、。

有名なベーカーリーなら美味しいけど頻繁には行けないし、、、しぶしび始めたお菓子作り。最初は基本からと思って始めたパウンドケーキ、、、考えが甘い!!!まっとうなケーキになるまで50回以上作ったような、、、気がする。
一人前のケーキになると、どうしても卵の残り味が気になり、オレンジかレモンを入れるようになったのがこのレモンパウンドケーキ。


*ケーキ材料
バター 常温 185g
卵   常温 3個
ヴァニラ   小さじ1
薄力粉    150g
砂糖     150g
ベーキングパウダー 小さじ1
塩       小さじ1
レモン汁    65g
レモン皮    一個分

*グレーズ材料
粉砂糖     235g
レモンジュース 大さじ11/2


*作り方
ケーキ

オーブンを175度に暖めておく。
1:ケーキ、ミルク、卵、ヴァニラを軽く混ぜる
2:別のボールに、小麦粉、砂糖、塩、ベーキングパウダーをウイッパーで30秒混ぜる。
バターと1の材料の半分をいれ1分ほど混ぜる。
3:残っている1の半分を少しずつ加え20秒から40秒混ぜる。最後にレモンの皮をたして軽く混ぜる。
4:ここでは21cmx11cmのケーキ型に入れてますが、パウンドケーキはどんな形でもおしゃれに焼けます。
5:オーブンで50分から1時間焼く。大きさによって違うので竹串をさして、きちんと焼けているか調べてくださいね。
6:ケーキを冷ますとき、ホイルを30分ほどかけると色が濃くなりません。


グレーズ
     
1: 砂糖とレモンジュースを泡立て器で滑らかになるまで混ぜる。お好みの滑らかさにレモンジュースを増したり減らしたりしてみてください。今回のグレースはレモン一個分の皮が入っています。

人気ランキングに参加しています。よろしくお願いします。