発言権

お互いわかっているのである。

私のお願いしていることが真っ当であること。

相手だって組織上の立場があるのだろう。

日本と言う先進国では、発言権があるような錯覚を持つけれど、言えるだけの垂れ流し。

だから考慮された意見も、攻撃的で短絡的な言動も同じように見なされる。

発言が軽視されることは、個々の人間にとってその尊厳を奪われることなのに。

この切なさが私の根源を突くのは、日本慣れしていない故だろうか。

IMG_5721_convert_20180124214253.jpg
住みやすい日本。考えることをやめれば、発言を諦めたらとの条件つきだけれど。
IMG_7130_convert_20180124214325.jpg
感情を抑制し日々の精進の上で発せられる日本の美は、世界一。
IMG_6719_convert_20180124214346.jpg
おそばせながら、お寿司屋さんにご考慮いただいた素晴らしいおせち。この日本の繋がり、どうして社会に反映できないのだろう。

安全で清潔で、問いを持たなければ最高の日本。でも人間、問いを持たずに生きていけますか。

少し考え直して生活しなければいけませんね。

スポンサーサイト

Vision


混んでいるから食べない、コーヒーもいらないなんて言っていると東京では食いはぐれる。

体感距離が近いと食べたような気もしないから、なんとか探し出した銀座のど真ん中の京料理。

テーブルは2立つ向こうに女性の2人だけ。

本を抱えてスケジュール帳を開けながら、聞こえてくる女性の会話がなんとも暖かくて微笑ましい。

耳を立てるのは失礼だけれど、戦後のお話やら今年の豊作だったお野菜、小学校5年生の時の思い出話、そしてこれから煮つける大豆。

コロコロと笑うお二人。

食事を終えて立ち上がると、ふとお二人が視線に入った。

櫛も入れていないだろう無造作にまとめらた髪に大きな毛玉がついたセーター、飾り気のない装い。

なんと驚くことに、お二人白ワインのボトルを開けていらっしゃいました。

この瞬間、私、将来のvisionが見えました。

出で立ちも、体裁もなく笑顔でお酒が飲めるお二人。

目標です。



ブログを立てる時間と心の余裕がなく、もう3ヶ月。兎に角毎日ギュウギュウです。秋には何十年ぶりの新鮮な銀杏を。
IMG_6095_convert_20171231111346.jpg
骨董品も今のうちにと毎週時間を見つけては集めております。
IMG_5813_convert_20171231111333.jpg
お気に入りのレストランは数知れず。その一つ饂飩くろさわ
IMG_6622_convert_20171231111438.jpg
12月はアメリカに帰国。クリスマスは雪に降られたポートランド。でも懐かしい友人と会えたのが一番の宝。
IMG_6577_convert_20171231111749.jpg
一番好きなコーヒーショップCoavaも相変わらず。

IMG_6701_convert_20171231122549.jpg

そして大晦日、何十年ぶりの日本の年始年末でしょう。景色が豹変する東京に驚愕しながらも、少しでも日本をと玄関前に。日本へ来て新しく知り合って友人家族が4家族、本日我が家にパーティーに参ります。みなさん世界各国からの駐在ですが、なんて素晴らしい人たちに出会えたのでしょう。こんな短い期間に濃い素晴らしい友人ができるとは想像もしておりませんでした。

走ってつまずいて、起き上がっての一年でした。大泣きもしましたし大笑いもしました。新しい国で、やっと足がついた感がいたします。

中途半端な更新で大変失礼いたしました。応援の声をかけてくださった方、本当に本当にありがとうございます。

皆様どうぞ良いお年をお迎えください。



私の言語

ヘアサロンに行けばコスパが良いと言われ

「へえそんな素敵なスパがあるんですね。」

携帯電話屋さんではSIMフリーと言われ

「さすが日本、SIMがない電話があるんですね!」

骨盤整体ではカーブをアジャストしますと言われ

「”を”と”します”だけが日本語でした?」

お洋服を買いに行けばタックインと言われ

「ん?」

日本語で理論的に伝えられないもどかしさを日々感じている私。

そこに日本語英語が入ると、宙ぶらりんな日本語と英語が頭の中で混乱。

もう脳細胞が飽和状態です。


見えない隠れた繊美を操る食がうろうろしている日本。銀座の方裏に包み込むような優しいお食事を披露してくださった安達直人。全く違う日に予約を入れていた私を快く受け入れてくださって、、、夫には怒られました。
IMG_5079_convert_20171018193326.jpg
夫がお気に入りのイタリアンレストラン、La Bisboccia本格的、トリフのパスタは忘れられない美味。
IMG_4979_convert_20171018193313.jpg
食が細く、難しいヤブ様、なんと日本のキャットフードに虜。すっかり体重が増えました。
IMG_5264_convert_20171018193248.jpg
急に寒くなった東京。動くものは全く見ない高層。この蚊、初めて見ました、、よくやって参りました。見えますか?


ヘビロテなんて、ヘビーに使うからテロテロになってしまうのかと思った私。

プチプラは、未だになんのことかわかりません。

女性の立場

毎日新しく出会う駐在の方々。世界各国を短い期間滞在しているのだから入れ替わりも激しい。

だから初めましてと言ったら、気の合いそうな人とはすぐコンタクトを。

慣れない土地で生き残っていくすべをよく知っている有能な方が多い。

昨日偶然出会った中国系アメリカ人の女性。

ハキハキとして聡明な彼女。

「で、ご主人のお仕事でそれともあなたのお仕事で東京に?」

と聞いたら、大叫び。

「引っ越してきて私の仕事?って聞いてくれたのはあなたが初めてよ!!!」(You are the first person asked me that my husband job or my job!! Everyone assumes that the HUSBAND's job leads to expat!)

心臓外科医や弁護士、トップキャリアを休業してやってきている女性たちも沢山いるこの世界。

日本の概念はまだまだ世界には追いつかないようです。


敬老の日の週末は長野へ。実家の周りの稲の穂を美しいと思うようになったのは最近です。息子は稲がご飯になると理解していませんでした。
IMG_4929_convert_20170928092325.jpg
ご近所の美しい巨峰やマスカット、自分で採らせてもらえるのですから贅沢なものです。
IMG_4838_convert_20170928092259.jpg
お料理ブログなのに、、、全くお料理しておりません。毎日外食。月島の江戸前は絶品。
IMG_5023_convert_20170928092230.jpg
有能なアメリカ人ご夫婦にお気に入りと言われ、ご招待いただいた可愛らしいフレンチレストラン。Le Pot Aux Roses自分の情熱をコツコツと日々積み重ねる努力が満足感に至るんだなと思ったマスターの明るい性格。
駐在世界にいると、出会う方が皆様、世界で成功されている方ばかり。私の薄学がバレるのでは無いかと不安になっている場合ではなく、勉強!

ちなみにコンシェルジュの方の「奥様、、、」に慣れるのに2週間かかりました。名前で呼ばれないとびっくりします。

私の車の鍵。

事務所の鍵。

事務所のメイルボックス。

そして家の鍵4つ。

夫の車の鍵。

一つ一つ手放していくたびに、まるで、メタファーのように複雑な思いも離れてった。

期待と不安。

焦燥、僭越、後悔、怒気そして疲労。

全部超えたところで寂しさと未練。

そして25年間一緒だったキーホルダが裸になった時、心も流されたように空っぽに。

50歳で、全て軽くなりました。


25年間、もつ鍵がなくなったのは初めて。鍵は何かに属してる印なのだと思った今回。
IMG_3957_convert_20170909115306.jpg
アメリカのキッチンで最後に作ったのが、知的で各国のお料理を作られるMchappykunさんのチェリーの赤ワイン煮。いつも支えていただいて、ありがとうございます。毎年夏になると常備する私のデザート。さすがに日本では作れそうにありません。チェリーのお値段を見てびっくり。
IMG_4581_convert_20170909115254.jpg
GINZA SIXでの本屋さんは随分高級な古本を置いているのですから、足繁く通ってしまいます。日本はどこでも勧められるポイントカード。「何かいいことありますか?」その答えが要するにここで買い物をすることで、ここで還元されると言うものだから。それを消費者の私が管理して、御社が買い物内容の情報をつかみ、そして還元の為にまたこちらでお金を落とすんですでも、、やめときますと言ったら随分びっくりされていました。


息子も同じ道をたどりました。最後はスッキリ友人にもお別れを言って、ヤブ様にも「家族だから、一緒にいこう」とすっかり乗り越えたようです。