Pouch


ビジネスクラスでしか乗らなくなった飛行機、頻繁なのに、やっぱり必ず持ち帰ってしまうビジネスクラス用の機内ポーチ。

たまる一方のポーチ、かといって新品の歯ブラシやら靴下まで入っているから捨てられない。

だって貧乏時代が長かったから。

両親を小さな時に亡くし苦労しながら、今は成功している友人と、ふとそんな話になった。

その彼が一言、

「ポーチに10ドル札を入れて、ホームレスの人にあげればいんだよ。彼らは歯ブラシとかリップクリームとかまでは手が届かないから。」

思いやりは苦労しているからこそ、人に蓄えられている。


帰国したらすぐバレンタインズデー、我が家はアートを食させてくれる大好きなcastagnaへ。

IMG_1959_convert_20170219021858.jpg
息子も大人のコース、美味しくて私の分も随分食べてしまいました。
IMG_3228_convert_20170219021813.jpg
多忙で、新しいレシピに挑戦する暇もないこの頃、お気に入りの常備サラダ。

<材料>
*キャベツ          500g
*アボガド          1個
*トマト            適量
*万能ネギ         ひと束
*コリアンダー       1/2カップ
*ミント           1/4カップ
*カシューナッツ     1カップ

ドッレシング
*ライムジュース      大さじ3
*シロップ          大さじ2
*シラチャ          小さじ2
*お醤油           小さじ2
*フィッシュソース     小さじ2
*お酢            小さじ1
*マサラソース       小さじ1/2

材料を食べやすい大きさに切り、ドレッシングを和えるだけ。


強い人は本当の優しを知っています。

スポンサーサイト

暗い時代

コーヒーをたてながら、NPR ( national public radio )をつけることから始まる朝。

これはもうここ20年ほどの私の習慣。

大統領選挙以来毎朝、何か悪い夢だったのかもしれないと、ラジオスイッチをひねるたびに一抹の希望を持ってしまう。

流れ出る毎日のニュースがまさに現実なのだと聞かされると、どんよりと日の始まりが暗くなる。
 
ささやかな私の習慣も、辞めることにした私。

何だかラジオを聴くのも嫌になったこの静けさ。

暗い時代がやってきました。


昨日日本から帰国。乗り継ぎの飛行場でふと目に入った本。ナチス時代にユダ人であることを隠し生き延びた方の伝記。誰もがヒトラーの危険思想はまさか現実化しないだろうと勘ぐっていた。そして彼女と殺されたボーイフレンドのナチ時代到来直前に交わされた会話が、あまりにも現実味があり思わず胸を押さえてしまう。
"Oh, Hilter is not a thinker. He is just a ranter and raver"
"There may come a time, when people can not tell the diffrence"

IMG_1547_convert_20170210202106.jpg
ご無沙汰してしまいました。1月はロスへ、ベガスへと飛び回っておりました。ロスでは家族とともに友人の方がいつも撮ってくださる家族写真撮影へ。
IMG_1598_convert_20170210205114.jpg
接待させていただいたお客様には家族も連れてSHIKIへ。まさかこんなに美味しいサヨリやノドグロのお寿司がロスでいただけるとは思いませんでした。
IMG_3187_convert_20170210202237.jpg
ロスから帰宅して2日間ほとんど徹夜で息子のお誕生日会準備。
IMG_3191_convert_20170210202139_201702102043594d5.jpg
去年サボったから、今年はその分も!とせがまれポケモンパーティ。
IMG_1655_convert_20170210202157.jpg
どこへ行ってもポケモンGOの息子。自分でゲームを考え、エクセルでチャートまでつくあげました。
IMG_3179_convert_20170210202220.jpg
最高の誕生日会だったと言ってくれたから、疲労も吹き飛んでしまいます。
IMG_1875_convert_20170210202051.jpg
7日の長い一人日本滞在。アメリカから帰国した友人と会えたのも嬉し、大学時代の友人と飲めたのも嬉し、そして一人で頂くお寿司も嬉しい東京。最終日には一人で焼肉に行くと決心していたのに、あまりのぎっしりスケジュールで、気がついたらホテルで洋服のまま眠り込んでしまい、目が覚めたら夜中の2時。食い意地の張っている私はこれが悔しい。


暗い時代でも対岸の火事ではなく、私にできること、戦っていくことにします。



lack of common sense.

アメリカの公立教育はプロモーションだけの空洞だなと思うことしばしば。

寒波に見舞われたポートランドは12月からもう9日以上の学校閉鎖。

振替授業日は年間2日ほどしか予備されていないから、今年は夏休みの日程が押すことになる。

この雪吹雪をどう過ごしているのかインタビューされていた中に何人かの教師の方。

「うーん、困るわ、、、雪ばかりで。学校も閉鎖が続いて、私の夏休みの計画が崩れるから、、、、」

そこか。

ラジオに突っ込む私。

堂々と公の場で教師が公言できるこの発言、大したものです。


先週から積もった雪、まだ溶けていません。

IMG_1433_convert_20170118072813.jpg
そろそろ限界の息子と私。だってもう9日目です。
IMG_3162_convert_20170118072844.jpg
ジムも仕事もできない私。年明けからダイエットも目標の仕事もつまずきました。

家に閉じこもっているからフラワーレスマフィン。

<材料>
*カシューナッツバター       3/4カップ
*卵                  3個
*メープルシロップ         1/3カップ
*ココア                1/3カップ
*バニラ                1/2大匙
*塩                   1/2小さじ
*ベーキングソーダ         1/2小さじ

マフィン型にオイルを塗り、オーブンを175度に。
1:カシューナッツバターと卵をFPで混ぜ合わせる。
2:1に他の材料を混ぜ合わせる。
3:10−15分焼き出来上がり。


子どもの教育や生活の心配でなく、自分のバケーション。教師なんですから思っていても公言しないくらいの常識を持ってください。

言語

言語は脳細胞に入り込む。

入り込んできた言葉が観念に広がることで意識が広がる。

でも、嫌でも本当の意味を知らされるのはその言葉を経験した時。

例えば、「絶望」とか。

こうして人生の過程を踏んでいく。

息子の傷つきやすいその心、これも成長。


昨晩もまた吹雪。朝5時の飛行機にはたどり着けないだろうと、空港近くのホテルをとって、途中まで夫を見送りする時も、息子は嬉しくて一人で吹雪の中をダンス中。

IMG_1428_convert_20170112050918.jpg
今朝、雪が積もった木々を見て、息子は「なんだか天ぷらみたい!」。悪天候のポートランド、今週息子は学校4時間しか行っておりません。
IMG_3142_convert_20170112050952.jpg
材料がないけれど、やっぱり物足りなくて、おせち気分の一人晩酌。

ー7℃の、50歳にて身にしみる活字です。

初夢


「日本ではさあ、、一富士2鷹3茄子って初夢にでくるといい年になるって言うんだよ。」

「お母さん、そんな迷信、信じてないでしょ!」

元旦から息子は妙に現実的です。


その息子、大晦日に一人で「Hey google」と聞きならがなんと一人でクッキーを焼きました。私は一切手を出さなかったので、びっくり。とっても美味しく焼けていました。
IMG_1173_convert_20170108073926.jpg
大晦日は近所のレストランで生牡蠣。
IMG_3128_convert_20170108073910.jpg
お節作らない宣言を昨年声明したから元旦はなんとリブ。

おせちやお雑煮がないと、なんとなくけじめがつかないのは家族の中一人、日本人の私だけのようです。


みなさま、遅くなりましたが、どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます。